海外相互交流

自ら考え、行動するという主体性を開花させることが、海外相互交流における一番の目的だと本校は考えています。異なる文化に触れ、挑戦を重ねて成功や失敗から多くのことを学んでいく。最後までやり切ることの重要性を教え、社会性と計画性、そしてコミュニケーション能力を最大限に高める教育の実現に、教職員一丸となって取り組んでいます。

フレンドシップ校(姉妹校)協定締結

さらに海外との絆を深めるために

以前より交流を続けているティンデール・クリスチャンスクールとフレンドシップ校協定を結び、交流を継続的に行いさらに交流内容を深めていくことを約束しました。互いの文化や、言葉の違いを超えていく存在として両校の発展に務め、交換留学生の制度化や教員同士の相互交流をはじめとした、さまざまな形で国際交流を活発化していく予定です。

最新テクノロジーを活用したコミュニケーション

スカイプを活用して、日常的な海外交流を実現

オーストラリア人間力研修を実施する前に、現地のクラスと本校のクラスをスカイプによってつなぐことで、相互のコミュニケーションを図る事前学習を実施しています。映像と音声によって双方の挨拶の仕方を学ぶなど、「遠くて近い存在」をより身近に感じる授業は、語学や文化の違いについて考える上で、大きなきっかけとなります。

コミュニケーション能力と異文化交流

海外で生活することによって、実践的な海外体験を

本校から海外を訪れるだけでなく、海外提携校の学生たちを招いたホームステイを実施しています。日本滞在中には、授業で自国の文化をプレゼンテーションするなど、生徒同士の交流を行うことで、異なる文化に触れ、視野を広げるための一助としています。また、豪州滞在時には、全生徒が1人1家庭へ、約2週間ホームステイを経験し、日々の授業で培った英語力や異文化への適応力を養います。

Teacher’s Message

英語 上村 洋貴

英語力を武器に、世界の人々と交流し、
他者理解や自己理解を深めましょう。

国境という壁がどんどん低くなり、世界を舞台にビジネスチャンスが広がることは容易に想像できます。英語力は言葉の壁を乗り越えるうえで第一のハードル。しかし、英語はあくまでも道具です。使いこなすことで、いろいろな国の人々と交流し、他者理解・自己理解を深めることが大切です。地球で暮らす人々が一緒に物事を作り上げていく時代は、すぐそこまで来ているのですから。今年は本校の生徒が3か月間の留学にチャレンジします。アドバイスは物おじしないこと。少しくらい失敗してもいいんです。失敗は明日の成功につながる貴重な体験ですよ。