PATH INFORMATION

先輩たちからのメッセージ

栗原 拓生さん

朝から晩まで勉強漬けの勉強合宿。
あのとき解いた過去問題は本物の力になった。

東京海洋大学 海洋工学部合格

栗原 拓生 さん

理系クラスは3年になると国語と日本史の授業がなくなるのですが、国立志望の僕には必要な科目です。そこで活用したのが、勉強合宿。3年の夏は受講科目を選択できたので、日本史の強化に取り組みました。ほぼマンツーマンで、センター試験の過去問題を僕が解いて、先生が解説してくれ、朝9時から夜11時ごろまで勉強漬けの4泊5日間。辛かったけどあの勉強で本物の力になったという実感はありました。
僕の夢は船のパイロットです。「西武台アカデミア」で外航クルーズ客船「飛鳥」の船員の方のお話を聞いて、具体的に自分の将来の仕事として意識しました。船乗りの成り手が減少して問題になっていると聞きます。日本は海に囲まれた島国。船に頼る部分も大きいので、社会貢献にもつながると思います。

木野目 美咲さん

難病に苦しむ人って本当に大変。
研究者として創薬で、人や社会に貢献したい。

星薬科大学 薬学部合格

木野目 美咲 さん

テスト休みの日などに教室を開放してくれるので、友だちと集まって勉強したのを思い出します。こうした日は先生も時間を作れるので、職員室前の黒板スペースや教室で理解できるまで、とことん質問に答えてくれます。センター試験の過去問題を私の生まれ年までさかのぼってコピーしてくれた先生もいらっしゃいました。そして、解いては先生に添削してもらうことで、受験対策が万全になりました。
子どものころから創薬の研究に興味があって、薬科大学や薬学部を受験しました。治療薬が確立されていない病気に苦しむ人や、その家族は本当に大変です。将来は製薬会社に入って、創薬を通して人や社会に貢献するのが夢です。これといった治療薬が確立されていない脱毛症の研究なんて面白いと思います。

細谷 優響さん

苦手な国語を克服できたのは、
放課後も熱心に指導してくれた先生のおかげです。

茨城大学 工学部合格

細谷 優響 さん

国語が苦手で、漢文は基礎も理解できなく授業にもついていけませんでした。そんな僕を見かねて担任の先生が放課後、勉強に付き合ってくれるようになりました。僕のレベルに合わせて探してくれたテキストを必死で解いたことが忘れられません。基礎がわかるようになったことで、苦手意識も克服できました。あのときの先生には本当に感謝です。
好きな自動車の仕事に就きたいと思い、整備士の資格も取得できる工学部を選びました。将来は自動車メーカーに入って車のボディを設計したいと考えています。最近の車は安全装備を付けたり、環境に配慮したハイブリッドカーにするため、高価になりがち。コストを抑えて、誰でも乗れる安全・高性能な車を設計するのが夢です。