High School/University Articulation Reforms

スマートフォンの普及やビッグデータ、人工知能(AI)の社会実装をはじめ、技術革新はいままでにないスピードで進んでいます。グローバル化の波もこれまで以上に進展してくことが予想されます。10年前では考えられなかったような激しい社会変化を感じずにはいられません。
生徒たちが学校で学ぶことは、社会と切り離されたものではありません。変化を見据えて、生徒たちがこれから生きていくために必要な資質・能力を身につける教育が高校では必要です。
学力の3要素である「知識と技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度」をバランスよく育成するため、学習指導要領の改訂や高大接続改革への取り組みが文部科学省主導で始まっています。

Information & Communication Technology ICT環境の整備

校内にWi-Fi環境を整備し、生徒が一人一台持つChromebook(キーボード付きノートPC)や電子黒板を活用することでアクティブラーニング型の授業やeラーニングを活用した自学自習を支援する環境を整えています。さらに、今後大学入試に必要とされるeポートフォリオへの対応や教員から生徒・保護者への連絡ツールとしてもICTを活用しています。

活用シーン紹介

1時間や場所に制限されずに学ぶことができる

「限られた時間を有効に活用し、学習を進めたい」そんな生徒の要望に応えるために、すべての教室にWi-Fiを設置しました。授業・学習支援プラットホームとして「Classi」(活用シーン5を参照)を導入しています。学校以外でもネットワーク環境があれば、課題などの受け取りが可能です。

時間や場所に制限されずに学ぶことができる

2学習の効率化

プロジェクターを活用した授業風景

自然現象や理科実験、数学のグラフ・図形など従来の学習ではイメージがしにくいものも、映像や音声などのデジタル資料を利用することで、学習への理解がより深まります。また、課題などのデータ配信により、ペーパーレス化だけでなく、学習の効率化を図ることが可能です。
科目によっては、授業で板書する内容を事前にパワーポイント(プレゼンテーションソフト)で作成し、プロジェクターで投影することで時間の短縮を図っている授業もあります。従来の授業で板書に必要とした時間で、アクティブラーニングを行うなどの工夫もされています。

学習の効率化

3主体的・協働的な学習の推進

アクティブラーニング型授業

西武台ではアクティブラーニング型の授業を積極的に取り入れています。この授業は生徒が自分でまとめたレポートを発表したり、グループワークで話し合ったりするものです。複数の生徒が協力し合って行う授業は、一人で行う学習よりも効果が高く、より理解を深め、主体的に学ぶ力を身につけることができます。

プレゼンテーション

いまの社会で活躍するためにはプレゼンテーション能力を欠かすことはできません。自己表現や意思伝達の力をつけることを目的にプレゼンテーションを授業に取り入れています。例えば、修学旅行事前学習。沖縄の観光や食文化などの中から生徒が自分でテーマを設定し、調べ、考え、資料をまとめ、研究成果を学年の生徒の前で発表します。

主体的・協働的な学習の推進

4進路選択での活用

進研模試デジタルサービスを利用することで、模試の振り返りや成績管理、志望校の検索などを行うことができます。大学受験の際には、資料請求やネット出願などにも利用ができます。進路選択をより効率的に行うことができます。

5eポートフォリオ・eラーニング

授業・学習支援プラットフォーム「Classi」やインターネット学習教材「すらら」を導入しました。Chromebookを利用して、WEBテストの配信や学習動画の閲覧を可能とし生徒の自学自習を支援します。また、「Classi」のポートフォリオ機能を活用することで、今後の大学入試で必要となる学習記録データの蓄積を行っています。

eポートフォリオ・eラーニング

大学入試改革に向けて

1. ルーブリックによる自己評価とeポートフォリオによる自己管理

大学は入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)に基づき、入学段階で求める力(資質・能力)を示すとともに、それらを高校時代のどのような活動で身につけ、どのレベルに到達したのかをデジタル調査書で確認することになります。高校1年生からの活動の履歴をeポートフォリオ※に記録・保管することは、生徒が自分の取り組みや歩みを自身で振り返り、自分の将来を考えるきっかけとなるはずです。本校では、生徒自身がどの段階まで成長することができたのかを判断するための指標である「ルーブリック」の準備を進めております。目標に対しての達成度を視覚化することで、自身の評価を客観的に確認することができます。そこから、新たな課題を見つけることで深い学びとつなげていきます。また、大学入試選抜においても「学修計画書」や「志願書」を求められることが十分に予想されています。この際、自分自身の「学びのプロセス(高校3年間分)」がどのようなものであったのかを示す必要があります。本校は、eポートフォリオを生徒のChromebookから教室のWi-Fiを経由して、いつでも入力することができる体制を整えています。

※生徒の日々の学習成果(レポートやプリント、制作物なども含む)や活動の記録を電子化して蓄積したもの。本校では、学習支援クラウドサービスClassiのポートフォリオを導入。JAPAN e-Portfolioとデータを連携(連携する項目はJAPAN e-Portfolioの仕様に準ずる)。

2. 大学入試共通テストへの対応

従来の「大学入試センター試験」が廃止され、学力の3要素を多面的・総合的に評価するためのテスト「大学入試共通テスト」が、2020年度より始まります。国語や数学では、出題形式の一部に「記述式」が導入され、英語においては4技能(従来の「読む」「聞く」だけでなく、「書く」「話す」の技能を加えたもの)を確認するために民間試験との併用となります。変更点の概要を右表にまとめます。

十文字学園女子大学との
高大連携に関する協定を締結

2017年10月3日、学校法人 十文字学園 十文字学園女子大学との高大連携に関する協定の締結式を執り行いました。 教育、研究、社会貢献に係る交流・連携を通して、本校教員の資質向上、アクティブラーニングやその評価方法の研究やICTを活用した授業のさらなる発展的な取り組み等を目的としています。
今後の連携を通じて、本校における教育のさらなる活性化が期待されています。

締結式の様子 (十文字学園女子大学にて)
締結式の様子 (十文字学園女子大学にて)

※ 高大接続改革に関する情報は、2018年3月時点のものです。