第8回西武台新座中学校・第39回西武台高等学校入学式が挙行されました

2019年04月08日
  • 学校情報

平成31年4月8日(月) 本校体育館において、第8回西武台新座中学校・第39回西武台高等学校の入学式が挙行されました。

担任の先生から呼名を受けた中学・高校合わせて423名の新入生は、「はい!」と元気よく返事をして起立し、深澤一博学校長より入学を許可されました。

その後、新入生代表の生徒が誓いの言葉を述べました。

夢と希望にあふれた言葉が、体育館いっぱいに響きました。

その姿は堂々として、これからに大きな期待を抱かせてくれる立派なものでした。

新入生たちも、真剣な表情で式に臨みます。あどけなさを残しながらも、りりしさを感じさせてくれました。

式典の終了後は、保護者の方々との集合写真の撮影ののち、各クラスでの学級開きとなりました。

各担任から、これからの学校生活で気を付けることや学級目標の確認が行われました。

担任の先生も楽しそうです。新入生との出会いを、心から喜び、真摯に向き合ってお話をしていました。

黒板のデザインは在校生によるものです。暖かい歓迎の心が、黒板を彩っています。

資料の確認。とても多いですが、もう中学生、しっかりと管理します。

明日からは二、三年生も合流し、いよいよ新学期が始まります。

高校に進学した五期生も、楽しそうに今後の話をしに来てくれました。

楽しいことも、大変なことも、皆で分け合って、素敵な学校を作っていってほしいと思っています。