TYNDALE CHRISTIAN SCHOOLからの留学生【フレンドシップ(姉妹)校協定締結後の取り組み】

2019年04月15日
  • 学校情報

平成31年4月15日(月)、オーストラリアから待望のお客様が来ました。

シドニーにあるティンデール・クリスチャンスクール(Tyndale Christian School)の生徒と引率の先生たちです。

同校とは2017年4月17日にフレンドシップ(姉妹)校協定を結びました。その際の様子は【こちら】からご覧頂けます。また、以前の来校の様子は【こちら】から

本校生徒たちがティンデール校の生徒たちをおもてなしします。

中学2年生はお箸の使い方をレクチャーし、3年生は書道のほか、けん玉や羽子板など、昔の日本の遊びを体験できるレクリエーションを行いました。

あたたかいおもてなしに、ティンデールの生徒も楽しそうにしていました。

給食も一緒です。席を囲み、本校生徒は英語を、ティンデールの生徒も習った日本語を用いて

積極的にコミュニケーションを取っていました。

午後は、ティンデール校の先生から理科と言語の授業を体験させてもらいました。

理科はオーストラリアに棲息するカモノハシの生態について、詳しくお話をいただき、言語の授業では、日本語も堪能な先生から「外国語を覚えること」の意義について、ペアワークや発表を織り交ぜながら、お話しいただきました。

いつもとは違う、新鮮な授業。生徒たちも楽しそうに耳を傾けていました。

最後に、ティンデールの生徒たちがダンスを披露。はにかみながら踊る姿が印象的でした。

授業後、本校教員より修了証と記念品が手渡されました。

楽しかった一日の思い出となれば幸いです。

このあと、本校生徒の家庭にホームステイを行い、ティンデールの生徒の日本旅行はまだまだ続きます。

素敵な旅の思い出を、沢山作ってほしいと思います。